靴下クラブ

手回し靴下編み機

靴下クラブ

1910年(明治43年)ごろ、奈良県で靴下製造が始まったころに使用されていたと思われる、手回しの靴下編み機です。当時は、農家の副業として家内制手工業により製造されていました。日本で靴下の製造が始まったのは1871年(明治4年)の東京で、翌72年(明治5年)には大阪で始まっており、奈良県はずいぶん後発で、大阪の問屋の下請け業でした。この手回し機は、歴史家の千田正美さんが靴下の歴史研究の際に採取したものを、教え子で靴下業を営む日本ニット株式会社(香芝市)に預けられ、今も同社で大切に保存されて、子どもたちの体験学習の際などに活用されています